ABOUT KDS

KALON DESIGN STUDIOは "Someone creates Something with Someone" のコンセプトのもと、2020年にグラフィックデザイナーのPeorellaによって始まりました。

ストリートブランド向けのプロダクトアートワークやショップロゴを専門とする他、暮らしを豊かにするKALON オリジナルプロダクトの販売・新しいカルチャーを作るためのイベント企画を行なっております。

Portfolio (制作実績)はこちら

新しいストリートのカルチャーの形を具現化し、アナログ感を基調としたアートワークにメッセージ性を添えた長期的に『愛用』できる一生物のデザインを展開しています。

 

【Graphic Designer / Producer】 

Peorella

1989年大分県出身。幼少期に母の影響でゴスペル音楽に触れたことで、黒人文化やストリートのカルチャーに興味を持ち始める。
18歳で大阪に上阪。ブラックミュージックやストリートアートの基礎を学ぶ。
22歳で東京に上京、23歳で地元の大分に帰省。帰ってきた大分のストリートシーンに触れたことで、これまでとは違うコミュニティのあり方やアイデンティティを学ぶ。
翌年、24歳で大阪に再度上阪。ストリートのコミュニティを広げていく中で自身のアイデンティティを音楽やアートで表現し続けることで、 新しい独自のコミュニティを形成し、2020年にデザイナー兼運営としてKALON DESIGN STUDIOを設立。
 

【History】

・2020年2月28日 KALON DESIGN STUDIO 設立

・2020年4月、ヨーヨーブランド mowl から KDS 一作目となる"Surveillance (2nd Logo)"の発売が開始

・2021年10月、KDS初となる原画個展 "UNSEEN VILLAGE Vol.1" を開催

・2021年12月、LafayetteやApplebumなどストリートアパレルブランドを取り扱うセレクトショップ Playful Storeとのコラボプロダクトをリリース、Pop Up開催

・2022年12月、阪神百貨店 大阪梅田本店にてPop Up Storeを出店

・2023年5月、サッカーJリーグクラブチーム 大分トリニータ コラボTシャツのデザインを担当